温活にぴったり! 冬だからこそ食べたい「体が温まる冬野菜」とおすすめメニュー

温活にぴったり! 冬だからこそ食べたい「体が温まる冬野菜」とおすすめメニュー

冬はおいしい食べ物や料理がたくさんですよね。中でも、こたつに入りながら大勢で囲む鍋や、トロトロに煮込んだクリームシチューなど、野菜がたっぷりとれるメニューはおいしいだけでなく体にも良いというメリットつき!
とくに冬に採れる野菜は“体を温める効果がある”といわれているものが多く、冷え性に悩む女性にはもってこいです。

そこで今回は、寒い冬の時期だからこそ進んで食べたい“冬野菜”をご紹介いたします。あわせて冬野菜のおすすめのメニューもご紹介するので、ぜひ毎日の献立作りのご参考にしてくださいね。

“冬野菜”ってどんなもの?

最近では旬以外の時期でもスーパーに行けばいろいろな野菜が並んでいますが、旬の野菜には栄養がたっぷりと含まれています。
とくに冬に収穫される冬野菜には、体を温める効果があるといわれているため、温活にぴったり。中でも、土の中で育つ根菜類には体を温めるものが多く、女性には嬉しいばかり。

料理方法も豊富なので、毎日飽きることなく旬の味を楽しむことができます。反対に、夏に収穫される夏野菜は、体を冷やす効果があるといわれているので注意が必要です。

もちろん、冬が旬でなおかつ根菜であっても体を冷やしてしまうものもあります。たとえば、大根などはよく和食などで使われる定番野菜ですが、体を冷やしてしまうという一面があります。
とはいえ、栄養はたっぷりと入っているので、全く食べないのではなく加熱したり、量をおさえたりして上手に摂取することが大切です。

体を温める“冬野菜”の種類

かぶ
体を温める根菜のリーダー的存在ともいえる「かぶ」。酵素が含まれているため、体を温めるだけでなく胃もたれなどにも効果を発揮してくれます。

また、かぶは葉の部分に栄養がたっぷりと含まれているため、調理するときにはなるべく一緒に食べるように心掛けましょう。かぶは生でも食べられるというのが嬉しいポイントですが、冬はお味噌汁にしたり煮物にしたりと温めて食べるのがおすすめです。
シチューやポトフなど洋風のスープとの相性もバッチリなので、味を変えておいしくいただきましょう。

にんじん
「にんじん」は昔からその栄養の高さに注目されている根菜の1つです。
いつの時期もスーパーには並んでいますが、旬は秋から冬にかけての寒い時期。甘みがギュッと凝縮されておいしさがアップします。
そんなにんじんは、ビタミンA(βカロテン)やカリウム、食物繊維が多く含まれています。

ビタミンA(βカロテン)は加熱することで吸収率が高まるため、サラダなどで食べるよりも蒸したり煮たりするのがおすすめです。
また、にんじんの皮にはとくに多くのビタミンA(βカロテン)が含まれているので、なるべく捨てずに皮も料理に使いましょう。
きんぴらやスープなどにすると、シャキシャキとした歯ごたえが味わえておいしいさアップです。

ねぎ
さまざまな料理で大活躍のねぎは、冬の野菜で体をぽかぽかに温めてくれるため、風邪予防や疲労回復に効果があるといわれています。
また、ねぎにもビタミンAとビタミンCが豊富に含まれていて、ビタミンB1の吸収をアップさせるアリシンも豊富に含まれています。
しかし、このねぎのビタミンは水溶性のため、火を通すと減少するという特徴があるので注意が必要です。

料理に使用する際には仕上げのトッピングとして加える程度にして、なるべく加熱しすぎないように気をつけましょう。
ねぎを活かしたメニューを作るのなら、ねぎを小さく輪切りにしてニンニク、白ごま、レモン汁、塩コショウを混ぜ合わせたねぎダレがおすすめです。

体を温める“冬野菜”の種類

今回ご紹介した野菜以外に、生姜や唐辛子、かぼちゃ、さつまいもなども温活にぴったり。
食事は毎日の健康や美容をつくる基本の部分です。

味付けや見た目もとても大切ですが、栄養や調理方法にもしっかりとこだわって冬の寒さに対抗できるぽかぽかの体を目指していきましょう。

Pocket