衣服で温活!インナー選びで覚えておきたい保温性の高い素材は?

服で温活!インナー選びで覚えておきたい保温性の高い素材は?

皆さんは、普段から温活を意識した服装を心掛けていますか?日常的に温活を意識するなら、衣類でしっかりと外側から温め、体温を逃さないようにしたいもの。
中でも、身につける衣類で特に体に近い下着やインナー選びはとても重要なポイントです。

これから訪れる夏は、冷房の効いた室内で長時間過ごすことも多くなります。暖かい季節だからといって油断していると、体はすぐに冷えてしまうことに。
そこで今回は、温活を意識したインナー選びをするために覚えておきたい、保温性の優れた素材についてご紹介します。

保温性に優れたインナー素材

正しい腹式呼吸の方法

綿(コットン)
下着やインナーの定番素材・綿。暖かいだけではなく、肌触りが良くムレにくいのが特徴です。
吸水性が高いため、汗をサッと吸収して体の冷えを防いでくれます。

ウール
保温性に優れた素材といえばウールですよね。
セーターなどの冬物素材に使われるイメージが強くありますが、じつはインナーにも用いられることがあります。

中でも近年注目されているのが、メリノ種と呼ばれる羊の毛から作られる「メリノウール」。
ウール本来の高い保温性と伸縮性がありながら、薄くて軽く、さらに吸湿性が高いとして人気を集めています。

シルク
シルクは、蚕の繭から作られる動物性繊維。美しい光沢と滑らかな手触りが魅力で、下着やインナーにも多く使用されています。
最近では、シルクとコットンやウールを合わせた冷え取り靴下なども人気ですよね。

人間の肌に近いタンパク質が主成分となっているため体にしっとりと馴染み、肌が敏感な方でも安心して身につけることができる素材です。
さらに、熱伝導率が低く、冷気を遮断して体を冷えから守ってくれる効果も期待できます。

保温性と吸湿性、さらに放湿性に優れていることから、汗をかきやすい季節と寒い季節、どちらのインナーにもぴったりの素材です。

ポリエステル、レーヨン
合成繊維の中で最も多く生産されているポリエステルと、木材パルプを主な原料として作られるレーヨンは、保温性の高さを売りとしたインナーによく用いられる素材です。
レーヨンは吸湿性が、ポリエステルは速乾性が高いため、体温を逃さず汗冷えを防いでくれます。

温活を意識したインナー選びのポイントは、生地の保温性、そして吸水・吸湿性に注目すること。
せっかく暖かい服装をしても、汗をかいて放置してしまえば逆効果。蒸発する汗に体温を奪われ“汗冷え”してしまいます。

ただし、その日の活動量や気温によって汗の量は変わってきます。
あまりにも汗の量が多い場合、保水力の高い綿素材のインナーを身につけていれば、体温はどんどん下がってしまうことに。
そんなときは、吸水・速乾性に優れた化繊素材のインナーを身につけるのがベストです。

ちょっとしたお出かけやレジャー、運動など、その日のシーンと運動量を良く考え、予定に合わせてインナーの素材を選んでくださいね。

Pocket

  • ●協力団体

  • ●賛同企業

    アクスシアン