美脚&美尻の天敵! 季節の変わり目はお尻の冷えに要注意

温活TOPICS 美脚&美尻の天敵! 季節の変わり目はお尻の冷えに要注意

着替えるときやお風呂に入る前、お尻~太ももに触れて「冷たい」と感じたことの多い方、いませんか?
そんな方は、要注意! 今回は、お尻の冷えが招くさまざまな弊害と、その対策についてご紹介します。

冷たいお尻=実は大事な冷えのサイン

実は大事な冷えのサイン

冷え性というと、手足やお腹のイメージが強いですよね。ですが、実は冷たいお尻も深刻な冷えのサインなんです。
お尻は内臓の血液量を調整するために大事な場所で、内臓が冷えてしまうと、それを解消するためにお尻の血液を内臓へと送り込むため、お尻の血液が不足して冷たくなってしまうんです。つまり、お尻が冷えている人は、骨盤内の血行が悪いだけでなく、内臓にも冷えを抱えているということになります。

お尻が冷えると下半身に脂肪が!? 腰痛や女性疾患にも…?

下半身に脂肪が

お尻が冷たい=骨盤内の血行が悪いことによって起こる弊害には、まず下半身のむくみ、そして脂肪がつきやすくなることでの下半身太りが挙げられます。また、美ボディの大敵であるセルライトもできやすくなり、お尻~太もものラインが崩れてしまうことに。
さらに、腰痛、生理痛の悪化を訴える人もお尻の冷えを抱えていることが多く、子宮や卵巣の冷えなど、さまざまな疾患にもつながる懸念も。女性にとっては避けたい、ネガティブな影響だらけですよね。

日常生活の中でできる、「冷たいお尻」対策

このように見てくると深刻なお尻の冷え。お尻を冷えたままにしておくと、内蔵の冷えもカバーできなくなってしまい、さらに多くの弊害を招くことになっていきます。逆に内蔵をしっかりと温めておけば、お尻の血液が奪われずにポカポカのお尻を保つことができ、ポカポカのお尻を保っておけば、内蔵の循環血液量が増え、下半身も血行の良い状態を保つことができるということ。

でも、食事で内蔵を冷やさないように、また服装などでお尻を冷やさないように気をつけているつもりなのに、それでも気づくと冷たくなっているのがお尻……。それでは、冷えてしまったお尻はどうしたらよいのでしょうか? 日常生活の中で簡単にポカポカのお尻を取り戻す方法、お尻の冷えを予防する対策法をご紹介します。

1.直接温める

特に強く冷えを感じたときや、「今日は冷やしてしまったかな?」と思うときには、とにかくすぐに対処したいところ。あったか素材の腹巻付きアンダーウェアなどでしっかりと包み込むのも有効ですが、より的確に早く温めたければカイロや湯たんぽなどを用いるのがおすすめです。使用方法に気をつければ、通常のカイロや湯たんぽで温めることもできますが、お尻専用のタイプも出ていますよ。

アイテム①「骨盤ゆたんぽ よもにん」

骨盤ゆたんぽ よもにん
骨盤ゆたんぽ よもにん
出典:Amazon

「骨盤ゆたんぽ よもにん」は、お湯を入れて座るだけで温泉に浸かっているように骨盤も下腹も温まり、ヨモギの香りでリラックスできる、座れるゆたんぽ。お尻がスッポリはまり込む三角形に似た特殊な形状をしています。長時間座っていても疲れにくく、電気代もかからず経済的で、立体裁断のふんわりカバーは保温効果もあり座り心地も快適。付属の天然国産ヨモギ粉末入り(10%)パッドをカバーの中に入れて座れば、自宅で簡単に、まるで韓国の健康法である「ヨモギ蒸し」のような体験ができるんです。

アイテム②「ポカポカおしりのほっぺ」

ポカポカおしりのほっぺ
ポカポカおしりのほっぺ
出典:Amazon

「よもぎ」と「温め」をコンセプトとしたブランド〈優月美人〉の人気商品「ポカポカおしりのほっぺ」は、オフィスワークや長時間座りっぱなしで冷たくなった「コチコチ尻」に直接貼ってアプローチできるお尻専用カイロです。座った時にも心地よく使えるように、また、動いてもズレにくいようにと、安心して直貼りできる工夫が詰まったお尻の救世主! 密着部分に配合されたヒアルロン酸・コラーゲンなどの美容成分と温熱効果で「ポカポカのプル尻」へと導いてくれます。

2.太ももを動かす動きを意識する

お尻~太ももの筋肉を動かす軽い運動を日常生活に取り入れてみましょう。
ランニングやジムでの運動を続けられればもちろんベストですが、積極的に階段を使用するだけでも効果は期待できます。特に、下りるときよりも高い効果が期待できる上りのときには、エレベーターやエスカレーターをぐっと我慢して、階段をチョイスできるとよいですね。
筋肉を動かす運動と言っても、“鍛える”運動ではありません。筋肉を“ほぐす”“緩める”ことをイメージしましょう。お尻の冷えを感じたときには、簡単にできる“お尻ほぐし”のマッサージとストレッチも試してみてください。

(1)

お尻の肉を手でほぐします。息を吐きながらお尻の肉を手でぎゅっとつまみ、息を吐きながら手の力を緩めます。痛いと感じたらこっているサイン。イタキモ程度の力に数回もみほぐしましょう。1度に無理をせず、毎日少しずつほぐしていくのがポイントです。

(2)

お尻全体を適度にほぐしたところで、ストレッチを行います。あおむけに寝て、右脚をくの字に曲げます。

(3)

左脚を曲げて胸に近づけ、右足の足首をはさみます。

(4)

右腕を右脚の膝にくぐらせて、右手を左脚のすねの上に置き、左手を添えます。

(5)

両手を組んでイタキモ程度の力で脚を押しながら10~30秒キープ。右太ももの裏からお尻にかけて心地良く伸びているのを意識します。

(6)

左脚も同様に行います。

朝起きた直後やお風呂上りに行うと◎。
できれば1日2回朝夕に行うと、お尻のこりや冷えが改善して、お尻の周囲がいつも温かく感じられるようになりますよ♪

出展:お尻が冷たいのは「冷え」のサイン。お尻ほぐしで即効改善♪

秋冬は体のラインが隠れるファッションに守られて体のサインを見逃しがち。
夏の冷房や薄着、冷たい飲み物などのせいで冷えていないか今すぐチェックして、冷えてしまったお尻は放っておかず、早めに温めておきましょう。ファッションや飲食、運動など、制限が多くて我慢ばかりになってしまうと悲しいですが、冷やしてしまったことでファッションを楽しめないスタイルになってしまっては、本末転倒です。
ここぞというときのためにも、1年を通して「ポカポカのお尻」をキープしたいですね。

Pocket