冬の冷えがニキビの原因に? 冷えとニキビの関係とは

冬の冷えがニキビの原因に? 冷えとニキビの関係とは

気温がガクッと下がり、冷たい風が吹き荒れる冬の季節には、体の冷えによるトラブルが起こりやすくなります。体の冷えによって引き起こされるお悩みには、肩コリや便秘などが挙げられますが、実はニキビなどの肌荒れも冷えが関係していることをご存知でしょうか?女性にとって、肌荒れは何よりも大きなお悩みとなるもの。一体なぜ「体の冷え」と「ニキビ」が関係しているのでしょうか。

今回は、冬の冷えが原因で引き起こされるニキビについて、その関係やケア方法などをご紹介いたします。

冬の冷えとニキビの関係とは?

ターンオーバーの乱れとニキビ

体が冷えると、体内のめぐりが停滞して血行不良になり、健康的な内臓の働きが低下したり、さらに体が冷えやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。
すると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正しく行われなくなって、肌の表面には古い角質が溜まってしまうのです。
本来ならば剥がれ落ちるはずの角質が肌に溜まってしまうと、毛穴が詰まりやすくなって皮脂などが溜まり、炎症が起きてしまいます。これがニキビ誕生のメカニズムです。
ターンオーバーが正常に働かないと、ニキビのほかにもシミやシワなどのお悩みが増えてしまいます。冷えによる血行不良は、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

冷えによる睡眠不足とニキビ

夜、ベッドに入り眠ろうとしても、手足などの冷えが気になってなかなか寝付けないということもあるでしょう。体が冷えてしまうと、睡眠の質が低下したり睡眠不足に陥ってしまいます。
睡眠は、肌の健康と密接に関係しているもの。睡眠が満足にとれなくなると、ホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
皮脂の過剰分泌はニキビにとって大きな敵となるのです。ただの寝不足だと思って油断せずに、しっかりと睡眠がとれるように工夫することが大切です。

老廃物の蓄積とニキビ

体が冷えて血行不良になると、老廃物の排出ができなくなるため、老廃物が蓄積していきます。通常、血中に溜まった老廃物は尿などで排出されますが、冷えによって内臓の働きが低下したり血行不良になると、この働きが上手くいかずに体内にとどまってしまいます。
すると、その溜まった老廃物は、肌の毛穴から外へ排出しようとするのです。これこそがニキビの原因の1つ。体の冷えは肌荒れだけでなく血液までをも汚してしまうのです。

参考サイト:女性の美学

冷えを解消してニキビの解消を狙おう

冷えを解消してニキビの解消を狙おう

体の冷えによるニキビを解消するためには、体を温めるケアを取り入れて血行促進やデトックス効果をアップさせることが大切です。
とくにお風呂やサウナ、運動などで体を温め、汗を流すというのはとても効果的。汗をかくことで体内に溜まってしまった老廃物を体外へ排出することができます。

お風呂に入るときにはシャワーで済まさずに湯船でしっかり体を温める、ときには岩盤浴やサウナへ行って汗をかくなど、日常でできる温めケアと同時進行で週に1回程度はスペシャルケアを取り入れてみましょう。

また、ニキビを改善するためには質の良い睡眠が欠かせませんが、冷えが気になって寝付けないという方は、足を温めるグッズを使用したり、湯たんぽを使用してみましょう。
アナログな方法だと思われがちですが、湯たんぽは冷え性改善にもってこいのアイテムです。

ニキビ対策として1番大切なのは、できたニキビをキレイに治すことではなく、これ以上新しいニキビを作らないようにすること。
ニキビと冷えの2つにお別れをして、健康的&ツヤツヤ肌を目指しましょう。

Pocket