夏の冷えを予防する!? 暑い日こそホットドリンクを飲んで体を温めよう

夏の冷えを予防する!? 暑い日こそホットドリンクを飲んで体を温めようピ

太陽からの強い日差しが降り注ぎ、暑さを感じずにはいられない夏ですが、一歩室内に入るとほとんどの場所で冷房が効いています。
とくに、たくさんの人々が行き交っているショッピングビルやオフィスビルなどでは、強く冷房が効いていて、羽織りものが欲しくなるほど寒さを感じることもあるでしょう。

それに加えて、冷たいドリンクや冷たい食べ物などを食べてしまうと、夏にもかかわらず体は冷えてしまいます。
冷えた体には、ホットドリンクを飲むのがおすすめです。
今回は、夏に飲みたいホットドリンクに加えて、海外のホットドリンク事情をご紹介します。

海外でも暑い夏にホットドリンクが飲まれている!?

夏にあえてホットドリンクを飲むという動きは、世界の国々でも行われています。
一体どんな国でどんなホットドリンクが親しまれているのか、2つの例を挙げて見ていきましょう。

日本でも大人気「チャイティー」 (インド)

インドでは、夏に温かい紅茶を飲むのが一般的で、日本でも人気のチャイティーが親しまれています。
ショウガやシナモン、カルダモンなどのハーブをたくさん使用しているためスパイシーな香りや味が特徴ですが、ミルクや砂糖、はちみつなどで甘みやまろやかさがプラスされ、おいしく飲むことができます。
温かいチャイティーが暑いインドで親しまれているのは、ホットドリンクを飲むことで体を温め健康的な基礎代謝を上げ、暑さからくるバテを防止するため。地域によっても異なりますが、インドの夏は気温が40~50℃になることも珍しくありません。健康を保つためには、基礎代謝を上げて健康をキープすることが大切なのです。

常温のビール (ドイツ)

ビール大国のドイツでは、日本では考えられないようなビールの飲み方がされています。
それは、夏でも常温のビールを飲むということ。

日本での夏のビールといえば、キンキンに冷やされたものをイメージしますが、比較的気温が涼しいヨーロッパではビールをあえて冷やさずに飲むことがあるのです。
これには体を冷やすからという以外にも、よりビールをおいしく堪能するためという理由もあるようですが、やはり健康を気遣っている様子もうかがえます。

実は夏の季語にもなっている「甘酒」!夏にこそ飲みたいホットドリンク

ショウガの温活効果を引き出すおすすめの摂取方法2つ

甘酒といえばお正月などの冬に飲むイメージがありますが、実は昔の日本では夏にも飲まれていたということをご存知でしょうか。

江戸時代では夏になると甘酒がよく売られていて、夏バテの予防や疲労回復のために多くの人々が飲んでいたそうです。
そんな甘酒は、夏の季語にもなっていて、暑い季節にこそもってこいのドリンクなのです。
そして、甘酒には「米麹」から作られたものと、「酒粕」から作られたものの2つがあります。

米麹から作られた甘酒はアルコールが含まれていないため、子どもや妊娠中の方でも飲むことができます。
ミネラルが多く含まれていて、やさしい甘みを感じることができるのが魅力です。

一方、酒粕から作られた甘酒は、アルコールが含まれます。その分体を温める効果が期待できますが、カロリーも高くなるため注意が必要です。
米麹が原料となっている甘酒に比べて食物繊維の量が多いことも酒粕の甘酒の特徴です。
それぞれ特徴は異なりますが、どちらも栄養が高いことに変わりはないため、好みや体調に合わせて飲み分けるのがおすすめ。
体が冷えやすい夏の季節にこそ、古くから親しまれている甘酒のパワーを借りましょう。

熱中症や貧血など、夏は体調が崩れやすい季節でもあります。
熱い季節に飲む冷たいドリンクはおいしく感じられますが、健康を守るためにも夏こそホットドリンクを飲みたいものです。
仕事中の息抜きや夜寝る前のリラックスタイムなどにホットドリンクを取り入れて、体を温めていきましょう。

Pocket

  • ●協力団体

  • ●賛同企業

    アクスシアン