布団の効果を最大限に活かす! 覚えておきたい正しい毛布の使い方

布団の効果を最大限に活かす! 覚えておきたい正しい毛布の使い方

まだまだ寒さの厳しいこの時期、眠る際は、ふわふわで暖かい毛布が手放せませんよね。
しかし中には、布団に入ってもなかなか手足が温まらず、スムーズに眠りにつくことができないという方も多いのではないでしょうか。
寒さで眠りが妨げられてしまうと、熟睡感が得られずに寝起きが悪くなったり、睡眠の質が下がって美容に悪影響を及ぼしてしまったりする可能性も。

そこで一度チェックしておきたいのが、“毛布の使い方”です。
もしかすると、毛布の使い方を見直すだけで冬の睡眠の質がぐっと改善されるかもしれませんよ。

毛布の位置で暖かさが変わる?

みなさんは、普段どのような順番で布団をセットしていますか?
寒い時期に快適な眠りにつくためには、毛布の位置を見直して保温性を高めることが大切です。

多くの方は、下から“敷布団”“シーツ”“毛布”“掛け布団”の順で布団を敷いているのではないでしょうか。しかし、使っている布団の種類によっては、毛布の位置を変えた方が暖かくなるとされています。寝具の暖かさを最大限引き出す毛布の使い方は以下の通りです。

羽毛布団と一緒に使用する場合

鳥の羽をたっぷりと使った羽毛布団は、その軽さからは想像できないほど高い保温効果を持っています。その理由は、羽毛が細かい毛の間に空気を抱え込むため。
羽毛によって空気の層を作ることで、体温で温まった空気を布団から逃さないようにしているのです。

しかし、羽毛布団と体の間に毛布を挟んでしまえば、布団に体温が伝わらなくなり、せっかくの保温効果も半減してしまいます。そのため、羽毛布団を利用する場合は布団の上から毛布を掛けるのがベストだとされているのです。
ただし、重い毛布を掛けると空気の層が潰されて保温性が低下してしまうため、なるべく軽めの毛布を掛けることをお勧めします。

また、羽毛布団と同じく動物性繊維である純羊毛の掛け布団の場合も、上から毛布を掛ける方が良いとされています。

綿布団と一緒に使用する場合

綿布団と一緒に使用する場合

木綿わたやポリエステルわたを使った綿布団の場合は、布団の上ではなく、布団と体の間に毛布を挟むのが効果的です。
お勧めは、布団との間に1枚、そして敷布団の上に1枚と毛布を2枚使う方法。
毛布を体の下にも敷くことで、寝ている間に床に逃げていく体温を閉じ込めることができます。
上下を毛布で挟むため、布団に入った瞬間のひんやりとした刺激の軽減にも繋がります。

いかがでしたか?
今回は、意外と知らない毛布の正しい使い方をご紹介いたしました。
布団の種類に合わせて毛布の位置を見直し、保温効果を最大限に引き出してあげてくださいね。
ちょうど良い暖かさで快適な眠りにつき、健康な毎日を送りましょう。

Pocket

  • ●協力団体



  • ●賛同企業

    アクスシアン