涼しい部屋に潜む罠!? 夏の冷房は体を冷やす!?

涼しい部屋に潜む罠!? 夏の冷房は体を冷やす!?

気温だけでなく、ムシムシとした暑さが続く夏シーズン。
快適に過ごすためには、冷房の使用が欠かせませんよね。
夏の暑い日でも、快適に過ごせるため、室内にいるときは必ず冷房を使用している人も多いでしょう。

しかし、いくら冷房が快適だからといっても、寒さを感じるほど部屋の温度を下げたり、暑い外と涼しい室内を頻繁に行き来するのはNG。
必要以上に冷房に当たり過ぎると体が冷えて、体調不良を引き起こすことがあります。

夏の体調管理をしっかりと行うためには、冷房との付き合い方に気を付けなければなりません。
今回は、夏の冷房対策についてご紹介いたします。

冷房に当たり過ぎるとどうなる?

じっとしていても汗をかかずにはいられない夏シーズン。
現代のわたしたちの暮らしには欠かせないものですが、使い方を間違えると体を冷やしてしまいます。
これは、とくに体の冷えを感じやすい女性にとって、目を逸らすことのできない問題の1つといえます。
冷房によって体が冷えてしまうと、体調の悩みを引き起こすこともあり、その主な悩みが以下の通りです。

・体がだるくなる
・食欲の低下
・免疫力の低下
・不眠
・肩こり
・頭、腰、神経
・むくみ など

これらの症状は、体が冷えることによって体のめぐりに不調が起こり、疲労物質が溜まりやすくなったり、健康的代謝が低下することが原因です。
女性の場合、体の冷えはホルモンバランスの乱れにもなるので注意が必要です。

冷房によって体を冷やす原因とは?

冷房による体の冷えの主な原因は、冷房の風に当たり過ぎてしまうということが挙げられます。
勤め先のオフィスや移動中の電車内、ショッピング中の店舗内など、冷房が効きすぎている場所は多いもの。
外出先以外にも、自宅で冷えを感じることもあるため要注意です。

また、冷房の効いた室内と気温の高い外を行き来することで“温度差”を大きく感じてしまうことも、冷えによる体調不良の原因の1つ。
涼しい室内からいきなり外へ出て、またすぐに涼しい室内に入ったりすると、体温調節が上手くできず自律神経のバランスが乱れてしまいます。自律神経は、体温調節や汗の分泌をコントロールしている重要な働きを持つもの。これが乱れることで、体調がより一層崩れやすくなることはもちろん、体の冷えに対する抵抗力も下がってしまいます。

冷房による体の冷えの対策方法

冷房による体の冷えの対策方法

冷房の使い方、設定温度を見直す

冷房を使用するときには、外との温度差が5℃以内になるように心掛け、部屋を冷やし過ぎないように注意しましょう。
また、冷房から送られてくる冷風は直接浴びないようにするのも大切なポイントです。
とくに、汗をかいた肌に冷風を浴びると体が冷えすぎてしまうため、外出をしていて汗をかきながら帰宅したときには汗を拭いてから冷房の電源を入れるようにしましょう。

運動、入浴を心掛ける

夏の暑いシーズンは運動をサボったり、シャワーだけで済ませてしまいがちですが、冷えた体のめぐりを促進させるためには適度な運動や入浴が欠かせません。
日が落ちて少し涼しくなった夕方にウォーキングを取り入れたり、夜にはお風呂にゆっくりつかったりして、冷房によって冷えた体を内側から温めていきましょう。
お湯の温度は人肌程度に設定をして、ぬるめのお湯でじっくりと体を温めるのがおすすめです。

もともと筋肉量が少なく脂肪の多い女性は、体が冷えやすいという特徴があります。
冷房による体の冷えの症状を悪化させないためにも、今回ご紹介した対策を取り入れて、健康的な規則正しい生活を送っていきましょう。

メェ所長からアドバイス

温活グッズを活用して生活改善を目指しましょう!
気になる温活応援グッズはこちら≫

Pocket

  • ●協力団体



  • ●賛同企業

    アクスシアン