岡村先生の免疫アップ温活

過去掲載記事3

Profile

岡村先生
岡村先生
本医科歯科大学卒業 歯科医/メディカルエステティシャン 2000年に歯と肌のトータルクリニック「キャシーズチョイス フェイスケアラボ」創設、2008年に乳がん治療のために休業に入る。現在は女性がん患者のサポートシステムHaNA代表。著書に「美人のお稽古」(幻冬舎)など。

岡村先生の冷え症ストーリー

冷え症は20歳の頃から始まりました。始めは手足の末端が冷えてきましたね。低体温はとても体に良くないんですよ。私は今までに2度の癌を経験しており、今では熱が出ることは体は辛いのですが、癌が弱まるとのことで下げないようにといわれるほど。現在は女性がん患者のサポートシステムHaNA(http://a-hana.jp)を立ち上げガンの予防、治療中の心と体のケアーのサポート、社会復帰、術後のリハビリのお手伝いをすることを目的に活動しています。冷え症・低体温は体の免疫力も低下させてしまう深刻な問題ですので一緒に頑張りましょうね。

おすすめ温活

null

A ショウガ
ショウガは飲み物やスープに入れていますが、特に高知(土佐)産の黄金しょうがにこだわっています。皮ごとすり卸しいれることも大切で、皮にも栄養素がたくさんですよ。
B シェイプアップシューズ
今人気のシェイプアップシューズです。筋力をつけるために早足で20分以上毎日歩きます。ウォーキングが終了する頃には冬でも汗をかいているぐらい良い運動に。筋力維持することは冷え症対策に欠かせません。
C にんじんスープ
自家製にんじんスープ。しょうがとオリーブオイルを入れて飲みます。身体のコンディションUPのために頻繁に飲んでいるお助けスープです。
D 足浴
よもぎ骨盤浴バスソルト。足浴に使います。ほんのり温まり、足が軽くなります。
E 特製ドリンク
すったショウガと黒糖を入れたドリンク。蜂蜜を入れてもOK。毎朝飲んでいます
F 日本酒+ショウガ
就寝前におちょこ1杯の熱燗の日本酒にショウガを入れて飲みます。すごく温まり、よく眠れます。
Pocket