ABC HEALTH LABOの妊活セミナーで温活食材を知る!

骨まで染みる寒さとなってきましたね。みなさん温活してますか?

温活女子のみなさんの中にも「いつかは赤ちゃんを…」と思っている方は多いのでは。予定はなくても、今からの健康な食生活と温活が大事!ということで、ABC HEALTH LABO主催の「妊活食セミナー」に参加してきました。

今回は昨年秋のセミナーで行った食事の実態調査の結果から、「カルシウム不足」についてと、カルシウムを効率良く取り入れるためにも必要な「温め」がテーマ。講義の後には、とっても美味しくて簡単なレシピのデモンストレーションと試食もありましたよ!この盛りだくさんのセミナーのもようをお伝えします。

え!? カルシウムってそんなに足りてないの?

昨年秋に妊活食セミナーに参加した人200名を対象に行った食事アンケート調査でわかったのが、深刻なカルシウム不足だそう。

妊娠中は赤ちゃんの骨や歯を作る分もカルシウムが必要なので、より注意しなければならないそう。
カルシウムといえば思い浮かぶのは牛乳などの乳製品ですが、意外なところで干し海老などの干物の魚介、水菜やほうれん草などの葉物野菜、豆腐などの大豆製品にも多く含まれているそうですよ。

ポイント

カルシウムは、マグネシウムやビタミンD、クエン酸、CPP(牛乳中のたんぱく質)と
一緒に摂ると体に吸収されやすい
「マグネシウム」はカルシウムを多く含む食材に含まれていることが多く、「ビタミンD」は魚介類・卵・きのこ類に、「クエン酸」はレモン・グレープフルーツ・お酢などに含まれているそうです。

栄養素の吸収率UPは温活がカギ!

体が温まるということは、血流が良くなること。血流が良くなれば、カルシウムをはじめとする栄養素の吸収もUPします。

やはり大きく取り上げられた食材は「しょうが」!
生のしょうがに豊富に含まれる「ジンゲロール」という成分は体の内部の熱を末端に送り、手先や足先などを温める作用があるそうです。このジンゲロールを加熱・乾燥すると「ショウガオール」という成分に変化。ショウガオールにも温め効果があり、こちらは胃や腸を刺激することで熱を産生させ、カラダの中から温めます。生と加熱を上手に使い分けたり、Wのしょうが使いをすれば温め効果はバツグンに!

ポイント

内側の温め作用があるショウガオール
内側の温め作用があるショウガオールは、3~4時間かけてじわじわとカラダの芯から温まるため、ぽかぽかした状態が続くそう。Wしょうがを使った料理を食べると、体の先のほうから温まって、あとから内側がじんわり温かくなります。

【グループワークで学ぼう!】
カルシウムも!温めも!ができる組み合わせは?

アンチエイジングビタミンとも言われている「ビタミンE」や、「鉄」なども血流を改善することに関わるため、温め効果があるそう。そこで「カルシウムが摂れて温め効果もある食材の美味しい組み合わせ」を考えるグループワークが行われました。

「ビタミンE」を多く含む食材は、アーモンドやクルミといったナッツ類、卵、かぼちゃ、ツナ、オリーブオイル、アボカドなど。「鉄」といえばレバー、ほうれん草、プルーンなどが有名ですが、あさりなどにも多く含まれているそう。

これらの食材をカルシウムの豊富な食材に組み合わせて、例えば「牛乳+あさり+かぼちゃ」でシチューにしてみたり、「チーズ+卵+ツナ+ほうれん草」でキッシュに仕立ててみたり…あなたなら何を組み合わせますか?

ポイント

コミュニケーションがとれるグループワーク
このセミナーの特徴のひとつは、講義の間のグループワーク。同じテーブルを囲んでいる初対面の人と自然にコミュニケーションが取れるのも魅力です。セミナー終了後も和気あいあいとお話されていて、みなさんとても楽しそうでした!

見た目は豪華、でも簡単な「カルシウムと温め◎」のレシピ

講義のあとに、カルシウムが豊富で体の温まるレシピの調理デモンストレーションと試食がありました。メニューは「厚揚げと桜海老の野菜たっぷり中華丼」「根菜の棒棒鶏」「なめらかジンジャー杏仁豆腐」の3品。どのお料理にもしょうがをたっぷり使っています。

とくに女子会メンバーを驚かせたのは、生と加熱のWしょうがを使った「なめらかジンジャー杏仁豆腐」。「これはかなり、しょうがの味がするのでは!?」と食べてみると、しょうがの辛みがまったくなく、ふんわりやさしい味でした。

そして料理としょうが効果で(?)興奮冷めやらぬ女子会メンバーをもっと驚かせたのは、講義を行っていただいたヘルスフードカウンセラーの田中亜耶音さんの一言でした。「おろししょうがはチューブのものを使っているんですよ」。え!? チューブでいいの!?こんなに美味しいの!? 手間をかけなくても妊活食、温活食はできるんだなぁと意識が変わったセミナーでした。そして、体を温めることは妊活にもつながるのですね!

妊活食セミナーが取り上げる内容は、栄養の基礎的なものから、今回のようなひとつの栄養素にフィーチャーしたお話、冷えや貧血といった症状にまつわるものなどさまざま。毎回内容が変わるので、何度行っても楽しく学ぶことができます!

今回講師をしていただいたABC HEALTH LABOの田中さん

今回の訪問先

ABC HEALTH LABOとは?

  • ABCクッキングスタジオの中でHEALTHケアビジネスを推進するチームです。
    医療・美容・スポーツの観点から食を研究しレシピ提案や健康に関するセミナー・講座、料理レッスン、目的に合わせた食事カウンセリングなどを行います。
  • 東京都千代田区丸の内3丁目1番1号 国際ビルヂングB2F
  • お問い合わせ:03-6212-8771
  • ★ルミネ大宮ヘルスフードカウンセリングルームでは、食事カウンセリング実施中!
Pocket

  • ●協力団体



  • ●賛同企業

    アクスシアン