【妊活インタビュー:3】妊活中の妻を救った夫の言葉とは? 4年間の妊活ヒストリー

妊活や不妊治療中、どれだけ続くか先が見えないだけに大きなストレスを抱えながら過ごしている人も多いはずです。

前回、不妊治療中のご主人とのやりとりを語ってくれた山田さんに、今回は不妊治療中のストレス解消法や、役に立った習慣などについてお聞きしました。

不妊治療中のストレス解消法は?

温活女子会:不妊治療中、ストレスが溜まったときなど、行っていた解消法があれば教えてください。
山田さん(以下、山田):「そうですね、、ストレスがたまると、1人で週末に旅行に出かけるなどしていました。金曜日に有休を取って、車で隣の県にドライブしたり、水族館に行ったり。本当に突然、家出のように思い立って出かけることが多かったですね(笑)
夫に助けられた部分は大いにありますが、やはり夫といるとふと現実に引き戻される瞬間があって。一人旅することで、日常と離れることがストレス解消になっていたように思います。
周囲に申し訳なくて有休を取りづらいという人も多いとは思いますが、本当にストレスが溜まったときは、やはり心を休ませるのが一番!多くの会社が、気にせず休みを取れる環境になれば良いなと思いますね。」

妊活中の習慣は出産後にもメリット大!

温活女子会:妊活をするにおいて自分自身のメンタル以外、体調を整える部分で気をつけていたことはありますか?
山田:「よく、妊活中や妊娠中に葉酸を摂取すると良いという話がありますが、私はそれ以外にビタミンBやビタミンEが良いという話を聞いたので、ビタミン剤を積極的に摂取していました。
あとはタンパク質をたくさん摂っていましたね、納豆だとか、豆腐だとか。
運動も積極的に行っていました。当時始めたフラダンスが、今も趣味になっています。」

温活女子会:妊活中に体を温めることを積極的に行う人が多いというのもよく聞きますが、山田さんも、そういった温活は行っていましたか?
山田:「科学的な根拠があるかどうかという部分はわからないのですが、妊活中に通っていた鍼灸院の先生も『体が冷えていると、正しい機能が発揮されない』ということをおっしゃっていたので、体を温めるということは常に意識していました。
よもぎ蒸し気分が味わえる、「よもぎ温座パット」は雑誌に付いていた付録をきっかけによく使っていましたね。あとは貼るカイロや腹巻き、温め効果の高い入浴剤なども使用していました。

温活女子会:食生活や運動、温活など、あらゆる方面で気をつけていらっしゃったのですね。
山田:「結果的に自然に妊娠した、というのも、ストレスがなくなったというだけではなく、妊活中に行っていたこういった対策があったからこそなのかなと思いますね。ただ妊活のため、というだけではなく、気をつけていたことが図らずも自分を妊娠に耐えうる下地を作っていたような気がします。実は、こういった行動が、妊娠・出産後も役立っているんですよ。」

温活女子会:そうなのですね! 具体的にはどのような部分に役立っているのでしょうか?
山田:「何より役立ったのは運動をしていたことですね。出産してからは、思った以上に体力が奪われて、寝不足も想像以上でした。これが高齢出産か!と改めて感じました。妊活中に運動するという習慣を作り、ある程度体力づくりをしていた過去の自分に感謝しましたね。

病院選びのポイントは?

温活女子会:本格的に不妊治療を始めよう、となった時、クリニックはどのような基準で選びましたか?
山田さん(以下、山田):「当時は、関西の会社に勤めていたのですが、とにかく会社に近くて通いやすいところ、という基準を第一に選びました。不妊治療はやはり通院の回数も多くなるので、できるだけ通う負担を少なくしたかったので。
結果的には、先生との相性や治療方針も私と合っていて、待ち時間の少ない時間帯にクリニックに行けたので助かりました。」

山田さん病院選びのポイント

  • 会社や家から近いなど、通いやすいこと
  • 医師との相性が良いこと
  • 待ち時間が少ないこと(これはなかなか難しいと思いますが…)

妊活をしている人に伝えたいこと

温活女子会:不妊治療を経験した山田さんから、現在妊活中の方や、妊活を始めようとしている方へメッセージなどはありますか?
山田さん(以下、山田):「まず、病院に検査に行くことをおすすめしたいですね。私もそうでしたが、自分自身に不妊の可能性があるとは夢にも思っていない人が多いと思うのです。私自身がもっと早く病院に行っておけばよかったなと思う部分があるので、早いうちに対策をとって欲しいなと。
あとはやはり、気持ちの面ですね。嫌なことはしなくていい、会いたくない人には会わなくていい! 本当にそう思います。
疲れてストレスが溜まったら、一旦妊活や不妊治療をやめてみるというのもアリ。とにかく自分自身にかかるストレスを減らすことが大事です。」

自分自身の妊活体験を、明るく話す山田さん。
しかし、妊活をしている時期には、ストレスや悩みを抱えることも多く、自己嫌悪に陥ったことも多かったそう。現在妊活中の方はもちろん、旦那様とのエピソードなどは、多くの人が心を動かされたのではないでしょうか。
妊活中、行き詰まりを感じた時には、山田さんのストレス解消法などを少しでも参考にして見てくださいね。

Pocket