【インタビュー】妊活にカツオだし!? 雑誌「あかほし」編集部に潜入!

妊活という言葉が浸透して久しい昨今。これまでも温活女子会では、妊活に関する情報をいくつかお伝えしてきました。
今回の温活女子会は、赤ちゃん待ちカップルを応援する雑誌『赤ちゃんが欲しい』の編集部にお邪魔して、誌面づくりにおける想いや最新の妊活事情を編集部員の皆さんにインタビューしてきました!

始めは妊婦雑誌の別冊だった『赤ちゃんが欲しい』

温活女子会:皆さん、本日はよろしくお願いします! 早速ですが、雑誌『赤ちゃんが欲しい』創刊のきっかけはどういったものだったのでしょうか?
『赤ちゃんが欲しい』編集部(以下、あかほし編集部):「『赤ちゃんが欲しい』は、最初、『Balloon(バルーン)』という妊婦雑誌の別冊として出ていました。
そこで、赤ちゃんがなかなかできないことに悩む人は多いという気づきがあり、そういった人に対して情報を提供できないかと、1999年に創刊しました」

『赤ちゃんが欲しい』にhappyな写真が多い理由

温活女子会:誌面づくりで大切にしているポイントはありますか?
あかほし編集部:「読者さんは20~30代、結婚3年目ぐらいまでの明るいかたが多いのですが、流産経験があったり、体のトラブルがあって思うように治療が進まなかったりと、お話はわりとディープなことが多いんです。それに合わせて、困っているモデルのイメージカットや、つらそうにしている女性のイラストなどを添えてしまうと、お話してくださったご本人も、読む方も、ドヨ~ンとした気持ちになってしまいませんか?
『楽しいだけじゃないけど、幸せもいっぱい!』『つらいこともあるけど、明日からまたがんばろう!』そう思ってもらいたいと思っているので、読者さんはもちろん、ドクターも、企業の方も、イラストも、すべて「笑顔で」と決めています。
さらにデザインのカラーは見ているだけでホルモン力がアップする♪というピンクをメインにして、逆に気持ちが落ち込むようなくすんだ色は使っていないんですよ。」

人気のページはやはり温活!?

温活女子会:これまでに取り上げたトピックの中で反響が大きかったものはありますか?
あかほし編集部:「やはり温活の企画は反響が大きかったですね。
『子宮温暖化計画』と銘打って誌面に載せたことがあるのですが、中でも、面白かったのが、読者のバッグの中身を公開するページで、カツオだしをタンブラーに入れて持ち歩いているという人がいたんです。どうやらカツオだしには健康的な作用があるらしいのです。そのページを見て、真似してみたという人も多かったです。」

温活女子会:やはり体を温めることは、赤ちゃんを望む人にとっては興味深いですよね。
あかほし編集部:「ストレッチの企画も人気です。体を温めたり、コリをほぐしたりするためにストレッチはもちろんですが、『赤ちゃんが欲しい』ではもう一歩進んで、子宮などの機能を高めることを期待したストレッチを紹介しています。」

温活女子会:『赤ちゃんが欲しい』雑誌の付録が毎回可愛いのも魅力ですよね。
あかほし編集部:こうのとりキティストラップが付録の号は、毎年、反響が大きいですね。
見た目のかわいさはもちろんですが、こうのとりのクチバシがとれると妊娠するというジンクスがあり、皆さん、お守りがわりに持ってくれています。全国の子宝スポットや子宝祈願に効く神社をまとめた別冊も好評でした。」

『赤ちゃんが欲しい』編集部が実践する温活法とは?

温活女子会:編集部の皆さんが行っている温活や使用しているグッズなどがあれば教えてください!
あかほし編集部:「以前、『冷えとりガイド』という書籍の取材で、自律神経や免疫治療に詳しい班目健夫先生から、湯たんぽでお腹、太もも、お尻、二の腕の下の順番で温めることで体の冷えを効率的に解消できると聞き、みんなで実践しています。」

『赤ちゃんが欲しい』編集部員愛用の温活グッズの一部を紹介!

充電式湯たんぽ(山川さん)
充電式の湯たんぽは、お湯がいらないため、オフィスなどでも手間なく使用できるのが嬉しいポイントです。様々なメーカーから発売されており、2000円前後でリーズナブルに購入できるのも魅力です。
あずきのチカラ 首肩用(山川さん)
あずきの入ったウォーマーを電子レンジで温めることで蒸気による温熱が発生し、首や肩を芯から温めてくれます。
こちらもオフィスで使用しやすいので、場所を選ばずいつでも体を温めてくれます。お腹用や、目元用もあるのだそう。
イオンドクター(石橋さん)
シルクのレッグウォーマーで、助産院などでも出産の時に履くことがあるのだそう。シャーリングで締め付けもなく快適に体を温めることができます。ウエスト用や足首用のサイズもあり、全身に使用できます。

温活女子会:これから赤ちゃんを授かりやすい体づくりに向けて実践していこうという人におすすめの方法などはありますか?
あかほし編集部:「一般的に0時までに熟睡することで、ホルモンの働きを活性化してくれるメラトニンの分泌が良くなるとのことで、22時までに部屋を真っ暗にして布団に入ることが良いと聞きました。難しい場合はまずは週末だけ実践するのも良いと思います。
あとは歯周病を予防すること。
歯周病菌は糖尿病のほか、不妊や早産などの原因になると言われています。妊娠したら歯の麻酔やレントゲンなど気になると思いますので、妊活中の今から定期的なメンテナンスに行くといいのではないでしょうか。」

妊活は妊娠に向けての“体づくり”

温活女子会:最後に、妊活に取り組む人たちにメッセージをお願いします!
あかほし編集部:「先ほど話した睡眠時間や歯周病の話にもつながるのですが、赤ちゃんが欲しいからこれをしなければいけない、というものではなく、普段から自分自身の健康を意識して生活することが大切かなと思います。夜更かしをしない、偏りのない食事をとるといった「いい生活習慣」は、そのまま生まれてくる赤ちゃんの健康にもつながりますから。
また、妊活中は気分が落ち込んだり、マイナス思考に陥りがちですが、健康を意識できていることで、一番いい健康状態で妊娠するための体づくりができていると考えて欲しいなと思います。私たちも、妊娠するためだけではなく、健康に元気な赤ちゃんを産む、元気に子育てすることにつながるような妊活をサポート・応援していきたいなと考えています。」

常に赤ちゃんを望む人たちに寄り添って雑誌づくりをしている、あかほし編集部の皆さん。
10月には、子宝神社への参拝や、妊活におすすめのメニューなどを盛り込んだ旅館で夫婦の時間をゆったり楽しめる宿泊イベントを企画しているそう。
これからも、多くの人が気になる温活の話題はもちろん、日々変わっていく妊活に関する情報を楽しみながら実践できる形で、私たちに届けてくれます。

Pocket