おしゃれで可愛い♡セルフプレジャーアイテム「iroha」って?

温活女子会

プレコンセプションケアという言葉を知っていますか?
コンセプションとは受胎、つまりお腹に新しい命を授かることを意味する言葉。
そのコンセプションに向けて、妊娠前から自分の体や生活習慣を整えて準備していこう、という考え方がこのプレコンセプションケアです。

温活女子会は、このプレコンセプションケアの観点から自分の体や性と向き合うこと、リラックスの一つとしてのセルフプレジャーに着目。
女性向けセルフプレジャーアイテム「iroha」を展開する株式会社TENGAの広報・工藤まおりさんに、お聞きしました。

話題の女性向けセルフプレジャーアイテム「iroha」とは?

エアコン

温活女子会:お店で並んでいた時から気になっていました! 可愛い何これ!? と。よく見たら、女性向けのセルフプレジャーアイテムということにびっくりしたんです。
工藤まおりさん(以下、工藤):「TENGA社の看板商品、男性用のセルフプレジャーアイテムであるTENGAが登場したのが2005年なのですが、その当時から女性向けを開発するいう話がありました。
それまでも女性用アイテムは市場にあったのですが、どうしても男性目線で作られたものであるため、なかなか女性としては手に取りづらかったり、ヒヤッとする素材のものが多かったのです。
こだわったポイントは、まずは質感ですね。素材選びにはかなり時間をかけました。外側はさらりとしたシリコン素材、内側はプニプニとした感触の新素材を使用しています。
デザインに関しても従来のセルフプレジャーアイテムの形や色など、女性が抵抗感を感じる部分を省き、日本の女性に身近な“和モダン”をコンセプトに、和菓子っぽい形や、茶せんのような形をイメージし、やさしい色とフォルムに仕上げました。一見セルフプレジャーアイテムに見えないため、部屋に置いておいても恥ずかしくないという愛用者様の声もあります。

温活女子会:実際に使用する際の工夫などは何かされていますか?
工藤:「TENGA社の看板商品、男性用のセルフプレジャーア工藤「防水設計やアンチダストコーティングなどはもちろん、実家や壁の薄い賃貸でも安心な静音設計にしてあります。やはり周囲にバレてしまうのではと不安がる女性は多いので。
あとはネイルなどをしていて爪が長い場合でも押しやすいボタン、ボタン一つで振動の種類が変更できるなど、操作の部分でも女性が使いやすい設計がされています」

irohaのおすすめな使い方は?

温活女子会:irohaのおすすめの使い方はありますか?
工藤:「寝る前にストレス解消としてお使いいただいたり、パートナーと一緒に使用したりという使い方がおすすめですね。
例えば、妊活を考えていても、そもそもパートナーとのスキンシップがなくなってしまったという悩みを持っている人は少なくないはずです。単純にキッカケを失っているという場合もありますし、女性の方が、その行為自体が苦痛になってしまっている場合もありますよね。こういったアイテムを使うことによっていつもと違う方法、雰囲気で楽しむことができますよね」

温活女子会:しかし、なかなか女性の方から使ってみよう! とパートナーに提案しづらいものですよね……。
工藤:「人からプレゼントされた、という口実で『使ってみようか?』と話してみるのが一番抵抗感がなく自然かな? と感じますね。もしくは男性から提案してもらえるように仕向けるとか……。
以前TENGA社で行なった調査によると、行為中に男性から提案されれば使用してみたいと答える女性が多かったんですよ。女性の66%、25〜29歳の女性に関しては80%以上もの方がそう考えているという調査結果が出ています。
多くの方が興味をもっているものだから、男性からの提案を待っているだけじゃなくて、女性からも一歩踏み出してほしいなと思います。

温活女子会:なるほど、「プレゼントで貰った!」という提案方法であれば抵抗感は低いですね。それでは、irohaシリーズの中でも特にこれがおすすめ! という商品はありますか?
工藤:「最初に購入するアイテムとしておすすめなのがリーズナブルなiroha stickやiroha zenがおすすめですね。特にiroha stickは発売から1年ちょっとで8万本を突破した商品です。口紅をイメージしているので、セルフプレジャーアイテムには見えないですし、参考価格が1200円と、これまで使用したことがない人でも気軽に購入できるかなと思います。
irohaシリーズはバラエティショップなどでも取り扱っているので、ぜひ実際に手に取ってその質感や感触を確かめて購入してもらいたいですね」

デリケートゾーンのケアにも注目

温活女子会:バラエティショップで目にするといえば、irohaのデリケートゾーン用のソープも最近よく目にしますね。
工藤:「iroha INTIMATE WASHですね。正確にはirohaではなく、iroha INTIMATE CAREという姉妹ブランドから出しているデリケートゾーン専用のソープです。
これまで日本ではデリケートゾーンを洗うことに対してフォーカスされることが少なかったのですが、ここ数年で海外からデリケートゾーン専用ソープが輸入されるようになったため、なかなか人と話すことがない『デリケートな部分』や性に対して真摯に向き合う弊社ならではの知見を生かし、女性が安心できる高い品質と、優しい使い心地のデリケートゾーンソープを提案したいと想い、開発、発売しました」

セルフプレジャーだけではない、開発者の想い

温活女子会:体に関しても心に関しても「デリケートな部分」に対して常に向き合い、提案をしてくれているのですね。
工藤:「そうですね。もともとiroha開発も『性を表通りに、誰もが楽しめるのもに変えていく』という会社のビジョンを実現したいという想いから始まったものです。性を恥ずかしいものだと思わず、自分自身で向き合い充実させてもらえたらと考えています。
これは妊活などにも言えることで、せっかくパートナーとスキンシップを楽しめる時間なので、irohaを取り入れてもらえたら嬉しいですね」

女性が自分の体や性に向き合えるキッカケづくりをしていきたい、と話す工藤さん。今後も、女性に受け入れやすい商品づくりやプロモーションを積極的に行っていくそう。
irohaのようなおしゃれなアイテムのおかげで、日本でも女性用セルフプレジャーアイテムが浸透する日は近いかもしれませんね。ぜひ皆さんも取り入れて、自分自身の体や性に向き合ってみてくださいね。

Pocket